若女将コラム

日々西屋と山を駆け巡る湯守兼女将による、自由奔放すぎるコラム改めエッセーコーナーです。
人生は奇想天外に生き抜こう。趣味のことや日々思う事etc...ほぼ西屋に関係ない話題ばかり載せています。

米沢ラーメン巡り 【第14回:自家製麺めんこう】


結局ひたすら忙しくて、
迎え火も送り火もできなかった怒涛の2022年お盆ウィークでした。
ダメじゃん私。あっさり諦めるとは。
しかし米沢のお盆にゃ火を焚く習慣がそもそも無いのか、
どこを探しても肝心の材料が売られていないという衝撃の真実。
いっそ提灯にしときゃよかったかな…。
仕方がないので、代わりに子供達と花火を楽しみつつ、
亡き母や先祖を心に迎えたのでした。

さて、私の夏はまだ終わらない…
子供たちの夏休みが滞りなく終了するまでは。
エコなのかただの惰性か、スイッチ切ってもしばらく
中途半端に回っている扇風機みたいに、「ゔ〜仕事仕事…」
と今日も朝から走り続けています。
そして夜になると、突然ブレーカーが落ちるように意識が飛ぶ。
調べたところ、これは寝落ちではなく立派な気絶らしい。
ちょっと疲れすぎじゃなかろうか。

ニンニクを喰らえ!!!



さて、(ネタ切れに)困った時のラーメン巡り。
まだまだ続く「米沢ラーメン巡りシリーズ」
第14回目の今回は、自家製麺めんこうのご紹介です。

めんこうの場所は市の中心部からやや北に位置する春日地区。
以前は市役所のもっと近くにあったのですが、最近移転しました。
おかげで外観は実に真新しい一般住宅(写真)。

しかも住宅街の中に突然ポンと現れますので、
うっかり通り過ぎてしまうこと請け合い。さらには通り道を
入った裏道なのでちょっと分かりにくいかもしれません。
ナビをセットしておくことをお勧めします。





お店の中はこれまたおしゃれです。
シンプルな内装の美容院と言ってもいいくらい綺麗で、
凡そラーメン屋さんには見えません。




さて、気になるメニューはこちらです↑。
ざっとご覧いただいて分かる通り、
かなり細かいカスタムオーダーが可能です。
ニンニクを入れるか入れないか、麺の硬さ、油の量、
トッピングの有無はどうするかetc.ベーシックなラーメンには
お子さん専用のサイズもあって、親子連れには実に嬉しい配慮です。

それにしても驚いた。特に味噌ラーメン。
スープの味を決める大事なベースとも言えるニンニクを抜いて
注文可能なお店というのは、ちょっと珍しいのではないかしら。
単純に好みに合わせたカスタマイズ仕様だとは思いますが、
例えば午後に大事な(?)仕事が控えている人には嬉しい
配慮ではないでしょうか。
これは老若男女ファンができるのもうなずける。






この日私がオーダーしたのは、
お店のおすすめ!と銘打ってある「こいくち醤油らーめん」です。

スープの色からして重たそうに見えますが、
油気がそんなに強くないので、意外とあっさりしています。




一口ごとに広がるしっかりした醤油の味が、
コシの強いちぢれ麺とよく合う!一言で表そう。美味い!!!
やや太めの麺ですので、量はさほどでも食べ応えがあります。




そして、たまたま一緒にきた主人が選んだのは「みそチャーシューメン」↑。
こちらはかなりガッツリ系です。胃袋をしっかり満たしたい人向けです。

もしも醤油でガッツリいきたい人は、+ニンニク、油多めでチャーシューを
選ぶと、ボリューム的にみそ味に近くなると思います。

何度か足を運んで、自分の一番好みの組み合わせを
探してみるのもいいかもしれません。




またこちらのお店にはご飯のオプション(100円)がありますが、
オプションコーナーでセルフでよそえる上、何とおかわり以降は無料。
好きな量だけ食べられます。ラーメンも食べるワケだからそんなには
入らないと思うけれど。
ご飯の隣には、これまた自由に取れるお漬物コーナーがあります(写真)。
漬物は無料ですが、うっかり残してしまうことがないよう
常識の範囲内で頂きましょう。
さらにはゆで卵も20円で追加できます。お代はビンに入れる仕組み。

いかがですか?
実にさまざまなお客さんの味好みに幅広く対応できる、
今時の面白いラーメン屋さんです。
もちろん味も申し分ありません。清潔感あふれる店内の雰囲気もあって、
なかなか印象的でした。気になる方はぜひ足を運んでみてください。
例によって昼間は大混みします。時間に余裕を持ってお店へゴー!





【自家製麺めんこう】
〒992-0044 山形県米沢市春日4-2-100 
電話 0238-40-1793 
営業時間 11:00~15:00(昼間のみ) 
定休日 毎週月曜日 
駐車場 お店の脇に駐車場があります。10台分あるかないか。

若女将エッセー内検索

白布温泉 湯滝の宿 西屋

山形県米沢市大字関1527

お問い合せFacebookTwitter

Copyright (c) 2016 NISHIYA. All rights reserved.