若女将コラム

日々西屋と山を駆け巡る湯守兼女将による、自由奔放すぎるコラム改めエッセーコーナーです。
人生は奇想天外に生き抜こう。趣味のことや日々思う事etc...ほぼ西屋に関係ない話題ばかり載せています。

米沢のいい所あれこれ 【第39回:「東光の酒蔵」-③】

 
続きました。なんと三部仕様。
「東光の酒蔵」!第3パート(〆)は直売店+α編です。




直売店は資料館の奥にありますが、ダイレクト入り口もあるので、
酒蔵を経ずに入店も可!
さすがは直営店。凄い品ぞろえです。




壁の一角には、賞状や盾など輝かしい受賞歴の数々も飾られています。
「天下御免」の書がかっこいー。

現在御当主を務める若旦那さんはチャレンジ精神にあふれた方です。
東光で製造するお酒のすべてを醸造アルコールに頼らない"純米酒”
とすることで国産品質にこだわり、創業当時酒造りに使われた甕を
再び用いて当時の味を再建した希少なお酒を醸したりと、
量より質で国内のみならず海外市場でも強く挑んでいます。

また県内の酒造仲間と合作でプロデュースした
「山川光男」シリーズ(全て期間限定)は、
販売のたびに好評を博しています。

ここ直営店では、現在販売中(2022年2月時点)の
「山川光男2021ふゆ~山川鶏男」(残僅か!)他、
山川光男のオリジナルグッズも販売中。





前掛けがシブい!
ゆるかわいい光男爺のLINEスタンプもありますので、
気になる人はググってみてね。
さて、そんな東光の酒蔵直営店で販売中の商品の中から
私のおススメをいくつかピックアップしたいと思います。


①東光 御用酒屋の献上酒 



上杉藩御用酒屋として、お城に酒を献上していた江戸時代の頃の味を
再現したというこちらの商品。
東光さんには公式オンラインショップがありますが、
なんとこちらのお酒は直営店でしか買えません。




今回初めて購入して飲んでみました。

おー、甘いめじゃ。でも、全然くどくありません。さらりマイルドなお味です。
これが上杉のお殿様も嗜んだお酒の味というわけですな。
限定品ゆえなお特別感が違います!


②吟醸梅酒 



(↑お店で撮るのをうっかり忘れたので、以前西屋で商品紹介用に撮影した
ものを引っ張り出しました。)

全国の主要梅酒コンテストで唯一三冠を達成したという伝説の梅酒。
麹の香りと梅酒ならではの果実味が絶妙なバランスで楽しめます。
こっくり甘いのに爽やか、日本酒っぽいけどしっかり梅の味?!?
この味を一言で例えるのはほぼ不可能です。
酒粕の風味がオッケーな人なら絶対ハマります。
私は大好きです。ロック一筋で!!
こちらはオンラインでも買えますのでぜひ飲んでみて~!


③米麹のあまざけシリーズ 



材料・品質的に元々賞味期限の管理が極めて難しい甘酒ですが、
東光もついに商品化!



そしてもう受賞している!
すごいなぁ…

テイストは「プレーン」「ベリー&ビーツ入り」
「キウイや緑色野菜etc.入り」の3種類。
プレーン以外は甘酒ベースのスムージーみたいな感じでしょうか。



今回はプレーンを買ってみました。
オーソドックスな味ですが、酒造元が作ったためか、
通常の甘酒よりもお酒風味>麹風味という感じがします。
何しろパッケージがオシャレよ。化粧品かと思うほど。
(通常冷凍で販売しています。)

今度他の2種類も試してみよう~。

他にも、上位ランクの高級酒やオリジナルのぐい呑み、お酒成分を使った
美容マスクなどなど色々販売しています(白布温泉街のかもしかやさんで
買えるものもあります)。とにかく見ていて飽きません!



おまけ。

売店の入り口には、こんな商品もありました。



「大人(R20)のガチャ」。2種類あります。



懐にやさしいハズレがないタイプと、



当たりが出ると、なんと5000円相当の純米大吟醸袋吊り(桐箱入り)が
もらえちゃう超ハイリスクハイリターンのタイプ!!
…しかし外れるとティッシュ。
スリル満点の運ゲーですが、案内して下さったスタッフさんに聞いたら、
過去本当に袋吊るしを引き当てた強運の持ち主がいたそうな。
我こそはと思う方、ぜひチャレンジを!


おまけその2。

建物内の一角には、上杉御用達の酒造元らしく、
上杉家ゆかりの文書や品々が展示されているコーナーもあります。




特に鷹山公にまつわる文物が充実しています。




貴重な直筆の書もあります。
こちらの存在は実はあまり知られていません。
有料スペースではないので、歴史好きの方や鷹山ファンの方も
気軽に足を運べますよ。

いかがでしたかー?
見どころが尽きない「東光の酒蔵」。家族連れにもおススメ!

【東光の酒蔵】
〒992-0031 山形県米沢市大町二丁目 3-22(柳町上通り) 
電話 0238-21-6601 
開館時間 (平日)9:30-16:00 
(土日祝)9:00-16:30 
定休日 1月・2月の毎週火曜日 12/31、1/1 
駐車場 道路を挟んで向かい側と、直営店入り口側に
駐車場があります。
入館料 大人350円 中学・高校生 250円 小学生 150円
※個人の場合



今日の一曲。

当シリーズ史上最大ボリュームとなった第39回目の締めくくりは
やっぱりこのコーナー。
本シリーズがどっぷり日本酒のテーマだったから、
最初はバラグーダーの「日本全国飲み音頭」あたりシャレで
載せちゃおっかな~なんてろくでもないことを考えていました(笑)

でも、建国記念日にあたる2月11日の昨日、平野歩夢選手が
ハーフパイプで見事金メダルを獲得し、表彰式に君が代が流れたこと、
Twitterで、春日大社の神職御一同が橿原神宮方面に向かい紀元祭
遥拝を催行した様子を公式アカウントがUPした情景があんまり
素晴らしかったこと、今回のシリーズでお神酒や日本神話など
深い話題に触れたこと諸々を勘案して、此方の曲に決定。


"越天楽"(近衛秀麿編曲)

沼尻竜典&東京都交響楽団(2002) 


↑Naxosのようつべ公式チャンネルにまんま近衛版
越天楽がUPされてたよ!
ご存じ越天楽のフルオーケストラバージョンです。
日本のオケ界の草分け的存在でもある「おやかた」こと
故近衛秀麿氏による編曲で、演奏は、邦人作曲家の現代
管弦楽曲演奏を得意とする東京都交響楽団。
近衛氏は皇族の祖先をもち、お兄さんは元総理大臣の
近衛文麿というサラブレット家系の出身(所謂貴族)で、
指揮者としても活躍しました。
既婚歴がありながら愛人をとっかえひっかえするなど
(しかもそれぞれ子供がいたりする)何が彼を元気に
育てたのか、かなり女遍歴が激しかったのはここだけの
話である。

スポーツの祭典で流れている「君が代(オケバージョン)」は
他でもない近衛秀麿氏の編曲です。

その彼が手掛けた越天楽は、各雅楽器の音色や雰囲気を
そのままに、見事に西洋楽器へバトンタッチさせました。
笙は弦楽器へ、
笛や篳篥は木管楽器と金管楽器へ、
楽琵琶はファゴット中心の木管低音楽器へ、
和琴はピアノへ、
太鼓は…太鼓へ(笑)。
雅楽版に比べると若干柔らかい印象ですが、
その分色っぽく(?)も聴こえます。
スコアを見たことはありませんが、篳篥パートは
聴き間違いでなければトランペットが受け持っています。
めちゃくちゃイイ。

惜しむらくは、すごくいい曲なのに収録CDが少ないこと。
マイナーなんかなぁ…

このアルバムには、他にも外山雄三や伊福部昭、
芥川也寸志といった錚々たる作曲家の楽曲も収録されています。
ナクソス様様!!


さあ皆さん。
楽しい晩酌タイム。
熱燗、冷酒、その他ビールにワイン…
おつまみにするなら何が好いですか?

日本酒なら、私は辛口の冷酒。
つまみは薬味たっぷりの冷奴マリアージュだ!




酒蔵の直売店で人気No.3の東光の「左利き」。
すっきり辛口で飲みやすい、私の好きなお酒の一つです。

若女将エッセー内検索

白布温泉 湯滝の宿 西屋

山形県米沢市大字関1527

お問い合せFacebookTwitter

Copyright (c) 2016 NISHIYA. All rights reserved.