若女将コラム

日々西屋と山を駆け巡る湯守兼女将による、自由奔放すぎるコラム改めエッセーコーナーです。
人生は奇想天外に生き抜こう。趣味のことや日々思う事etc...ほぼ100%西屋に関係ない話題を思いつくまま載せています。

カレーなる香辛料

秋です。
食欲の秋。
少食キラーの秋。



胃を壊しやすい体質から、日頃の献立の参考に薬膳レシピを覗くことがあります。
と言ってもそんな専門的なもんじゃありません。生姜、葱、大蒜(にんにく)等

スーパーで簡単に手に入る、主に「身体を温める」機能を持つ野菜をうまく
取り入れる技を参照しています。不眠と冷えは万病の元だからね。
漢方?知識ないよ!寝る前に飲む養〇酒でばっちオッケー。

生きとし生けるもの、日々食べな
きゃいけません。
私ら動物が食べることは、相手が動物であれ植物であれ他の命を頂くこと。
日頃家族のために料理を作る身として、心の中で感謝の気持ちを抱きつつ、
美味しい料理に仕上げたいと思うのでした。
全ては明日の健康のために。

医食同源とは実に正鵠を射た表現だと思う。

さて薬膳のスーパースターと言えばカレーです。
パンになったりお菓子になったりカッ〇ヌードルで世界に名を轟かせたり…
見た目は変幻自在だけど味はカレー。オールシーズンカレー。
何を隠そう、私カレー(味)大好き人間です。



この間の休館日に作った、自家版カレー(途中!)。
途中どころかめっちゃ序盤なので美しくなくてごめんなさいね!
私はいつも玉ねぎ&ニンニク&ショーガ他数種類の野菜を、全て、
細かく刻んで炒めてから煮込んでいます。
ここぞとばかり食物繊維バリ補給。
それもセロリやらニンジンやらピーマンやら、多くのチビッ子&一部の
大人が回れ右して逃げていくトラウマ野菜ベスト3はほぼ毎回ぶっこんでます。

芋ならいざ知らず、
カレーにセロリ丸ごと入れるとはなんとカレーなる冒涜!
おつカレー!!
うっわベタ寒いダジャレ。

しかし嫌いとは言わせんよ。私がセロリ異常に好きだから、
ついでに茎も入れてるだけよ(むしろ入れすぎ?)。
私がおまかない当番でカレーを作る時もほぼ100%入れてます。
「セロリなんて石鹸の味」と忌避する西屋スタッフのGっぴーには
絶対内緒だ!てか石鹸て(笑)
かつてチャップリンの映画「街の灯」でモブがサンドイッチと間違えて
石鹸食べて口からリアルに泡吐くシーンがありましたが、まさかあんな
風にうっかり石鹸食べたことあるのかぐっP?

セロリといわず、我が家のカレーはいつも勘とフィーリングのオンパレード。
友達から「ビール入れると(牛)肉が柔らかくなるよ」と嘘かホントか
分からないアドバイスをもらえば速攻試してみるし、チャツネがなくても
ブルーベリージャムをドバァしたりするし、十数年前、料理研究家の
奥園壽子(おくぞのとしこ)さんが、某健康番組で味噌だの
干しシイタケだの小松菜だの投入して前代未聞の超低カロリーカレーを
考案した事例が紹介されたときは、「なにこれめっちゃ面白そー!」と
さっそく作ってみたり(カオスな調味料&具材なのに美味かった)…
幸い我が子等には好き嫌いが殆どないため、
台所では文字通り母ちゃんやりたい放題です。
特に香辛料。
各種スパイスの追加による香りバフは欠かせません。
いつもルゥの量を控えめにして、代わりに自分であれこれ香辛料を
加えてたりしています。



↑だいたい入れるやつ。
カレー以外にも様々な料理に使えるよう、うちでは結構な種類を
ストックしています。あ、カルダモン載せ忘れた。
インド風、タイ風…その時の気分でラインナップも量適当目分量!

異国情緒あふれる香辛料の香り、私は大好きです。
例えば男性用のフレグランスにも使われるクローブ(丁子)の色っぽい香り。
たまりまへん。八角のスパイシーで甘い香りは豚の角煮に欠かせないし、
ナツメグみたいな甘くて刺激的な芳香もグー。採りすぎは危険なので、
おとなしくハンバーグに加えましょう。
シナモンも気分でカレーに突っ込むことがあります。意外とイケるよ?
フェンネルはたまにご飯の方に散らす。などなど。
どれも舶来の代物ながら、意外と日本人とも歴史的に付き合いの長い
これら香辛料。薬であり保存食の要であり、時に人を惑わせる媚薬となり…
その魅力は尽きません。
中でもカレーはスパイス料理の集大成の一つと言えましょう。
カレーは飲み物…じゃありません薬膳です。
ビバカレー。

というわけで、のっけから脱線しました。

次回は市内のとあるおススメカレー屋さんの紹介です。
は?!次回!??

(ちょっとお店が特殊だから前フリが必要かと思ったんだよぉ!)


今日の一枚
"Strong Currents" 

Hector  Zazou(2003) 


(サムネクリック→Youtubeで「Mmmh」視聴!)

フランスのミュージシャン、故エクトル・ザズーのアルバム。
前にフレグランスに合いそうな音楽、共感覚というこれまた
誰得マニアなお題で彼の別のアルバムを何枚か紹介しましたが、
ザズーの音楽はなぜか「香り(要はセクシュアリティ)」を
想起させるラインナップが多い気がします。

今回はズバリ
女(オンナ)の色香」。
断じて倉キチの女装ではない(笑)

1曲1曲異なる女性アーティストをフィーチャリングしており、
どれもなかなか色っぽい(?)雰囲気が楽しめます。
というかジャケットのおヌードが全てを物語っています。
アルバム名然り。
これ日本語化するとニュアンス激変魅力半減しちゃう奴です。
いっそ尻ごと受け止めて。

おススメは「Mmmh」、「Beauty」、「Under My Wing」。
敢えて媚薬的な香りを充てるなら、左から順にシャネルの
「ココ・マドモアゼル」orネロリ、白檀、イヴサンローランの
「オピウム」orイランイラン…かな?


・・・おいカレーに香辛料どこ行った。

コラム内検索