若女将コラム

日々西屋と山を駆け巡る湯守兼女将による、自由奔放すぎるコラム改めエッセーコーナーです。
人生は奇想天外に生き抜こう。趣味のことや日々思う事etc...ほぼ100%西屋に関係ない話題を思いつくまま載せています。

春先から新しく始めた3つの「燃え」-②

春先から新しく始めた3つの「燃え」-②

2.体力つくり

いきなり!今日の一曲!!

  "マッチョオブザワールド" 

NOCTURNAL BLOODLUST(2019) 


(2回目だからリンクなしよ!)

前代未聞、初っ端からまさかの再登場。
マッチョオブザワールド!!

♪今日も早朝早起きランニングYear 
栄養補給は Within 30 minutes 
悔いのない筋トレ人生へ 
ラスト一回 Fight or Fight 


ワハハ。順不同に歌詞を切って繋げただけなのに、
笑っちゃうほどやっていることがそのまんますぎて
今日のテーマ曲ほんとこれしか思い浮かばんかったわ。


はい、前にもちらっと書きましたが、
「燃え」その2はズバリ体力づくりです。
後述しますが色々わけあって地味に続けています。
自分が一番信じられない。
それこそ真っ先に匙投げそうな分野だったのに。




爽快な山の緑に誘われるままGW明けから始めたランニング…
でないジョギング(ランとジョでは運動負荷が違うので混同注意)。

最初の頃は西屋前からちょっと奮発(?)してスカイバレーの
標高1000メートルの標識めがけて走ったり歩いたり標高差約150m、
往復約5.2キロ(思った以上の距離でびっくりしたよGoogle先生)。



(晴れているとテンション爆上がる。)




(曇っていてもここまで来るとテンション上がる。)

この間だいたい45分コースです。
帰宅後は、お客様の少ない時間帯であるのをいいことにちゃちゃっと
お風呂で汗を流し、しれっと調理場に入る…これが朝のルーティンでした。

それから約半月後、ただ走るだけなのも何だからとちょっと趣向を変え、
走行距離を半分弱に減らし、その分浮かせた時間を体幹トレーニング
(メニューはYoutubeで見つけました)に充てるようになりました。
所要時間はジョギングオンリーよりすこし間延びして合計約1時間弱。
それまでより15分前倒しで起きるのはちょびっときつかったけど、
わりとすんなり慣れました。

確か4月に受けた人間ドッグの事前問診に
「毎日1時間程度の運動をしているか否か」みたいな質問項目があった
気がしますが(適当)…さらっと言いよるわ1時間て。
ならば早起きは三文の徳ってか。

…みたいな結論からかくかくしかじか、このサイクルを基本として、
その日の体調や天候に合わせて内容を加減しながら
(+たまに三十三観音に寄って水路を確保しながら)
ちまちまと今日に至ります。


かぐら「今日も朝っぱらから騒いでんなおみゃー。」

Youtubeの動画はスマホをテレビに繋いでリビングで観ながら
(他の家族が起きないように慎ましくイヤホンで音を拾って)
身体を動かしていますが、猫達はあろうことかすぐ間近で
見上げてくるもんだから、うっかり蹴っ飛ばしそうになります。
頼むからどいてくれー(笑)というか、ほぼ無音の中嬉々として
部屋ン中で一人汗だらけになって飛んだり跳ねたりしている主を、
猫たちはいつも一体どんな気持ちで眺めているのだろう。
こいつまたバカやってんな。くらいにしか思ってないのかも(笑)

別に私マッチョ目指してるわけじゃないので
(むしろ目指してたらコワい)、
マッチョ歌の中にある「ゴールデンボディ」になることはありません。
多分、絶対。実際この約2か月思ったほど体重も減ってませんし。
(ていうか2キロも減ってない…)
見た目身体が締まった分、余計な脂肪はそれなりに燃えてきている
のでしょうが。肝心のビフォー筋肉量や体脂肪率をそもそも測定し
忘れてるから、いまいち変化がよく分からない。
せいぜい「なんか尻固くなったな~なんとなーく腹に溝入ったかな~」
くらいの軽~いノリです。
じゃあ何を目指してるの?と改めて聞かれると、
これまた自分でもよく分からないというのが正直なところ。
最初は運動後にさっと入るお風呂がめっちゃめちゃ気持ちよくて、
その爽快感がくせになって続けているだけだと思い込んでいました。
必死に鍛えるわけでもないのに、ただただ続けていきたいという
謎のドーパミンがどこからか補給されて続けているもんですから。
でも、実は理由はそこじゃなかったことに改めて気づきました。

この早朝の運動を続けるにあたって日頃自分で肝に銘じているのは、
絶対に無理しないこと
「毎朝必ず同じコースをこなすんだ!!」という強制はせず、
どうしても気が乗らないときは気後れせず休む。これを徹底しています。

リフレッシュのために身体を動かしたいなーという衝動は前々から
ありましたが、年明けからその思いが顕著になりました。

根底にあったのはコロナのストレスです。
お前だよ、お前!
今、同じようなストレスを感じている人は多いと思います。
コロナ以前とそれ以後で世の中須らく、思想、人の流れ、景気の行方が
不気味なほど静かにぐちゃぐちゃになりましたから。
招致の段階であれだけ華々しくもてはやされたオリンピックも、
悪いが今となっては盛大にコケる予感しかありません。
貧乏くじだなぁとつくづく思う。

いずれにせよ、不可抗力が頭上で踊っては振り回される奇妙な日々が
1年以上も続けば、なかなか正気じゃいられなくなってきます。
例えるなら、真綿で徐々に首を絞められているような不気味な焦燥感。
…で、ある時とうとう、私の中で「ぶちん」と何かがキレました。
あ、このままではぶっ壊れるな、と。

ストレスのリミットゲージがブレイク寸前になる感覚は、運動中の
デッドヒートにちょっと似てます。似て非なるものといったほうが正しいか。
スカイバレーを走るのも、汗をかくほどのトレーニングをするのも
ぶっちゃけハードですが、それ以上にメンタルダメージの方がよっぽど
質が悪い。身体の疲れは寝て食べれば大概治るけれど、精神の痛みは
脳が記憶しちゃってる限り一朝一夕に抜けてはくれませんので。

そこではじき出した結論が「ストレスと同じ量の運動をする」でした。
身体をとにかく動かして頭の中をスッカンカンにして、
溜め込んでいたストレス(という名のメモリー)をオーバーライト&
デリートしちまえばいいと。あとはひたすらその繰り返し。

ストレス涌いたら汗かいてポイ。根詰めはしない。

なにこの人畜無害な新陳代謝。どうみてもただの生存本能。
シンプルだけど意外と侮れない解決方法です。

運動の内容が我ながらけっこうハードだと思える現状は、まだ体感
ストレスゲージも70~80%ってところです。地味に高いです。
それでも以前よりはるかに気持ちは落ち着いてきていると感じます。
少しずつ手綱を緩めていって、スカイバレーが雪に閉ざされる頃には
もうすこし軽い内容に落としていきたいなぁ。

私がこの早朝イベントを続けていられる一番の原動力は、
この魂と魄を保つ絶妙な"天秤"の存在に他なりません。
発想はめっちゃネガティブですが、副産物が光合成並にいいこと
尽くしなので、続けられるだけ頑張っていこうと思います。

・・・・な~んてヨユーぶっかましたこと言ってみちゃったけどさ。
よく考えてみたら初めて今日の曲紹介したの去年の3月よ。
つまり私はかれこれ1年半近くも脳筋モードで
(しかも途中でもろ肉体美ネタまでねじ込んで)
マッチョだァ!ワァァアアォウ!!してたわけだよ(笑)

いっそこのくらい清々しくバカになれりゃ、ストレスがどうの以前に
既に結果オーライじゃまいか。

海の向こうの最終目標:腹筋を某出エジプト映画の紅海みたいに割る。

コラム内検索