若女将コラム

日々西屋と山を駆け巡る湯守兼女将による、自由奔放すぎるコラム改めエッセーコーナーです。
人生は奇想天外に生き抜こう。趣味のことや日々思う事etc...ほぼ100%西屋に関係ない話題を思いつくまま載せています。

鏡に写る「明日の自分」を想像する




緑の香り漂う湿った空気、絹糸のように舞い落ちる生暖かい雨、
そして、いつのまに庭にほころぶ山吹よ。
・・・梅雨か?


身だしなみによほど頓着しない人でもなければ、
1日一回は大なり小なり鏡の前に立つと思います。女子はさらなり。
自分の顔や姿であれば、毎日のぞき込む鏡の向こうのそれをすぐ
思い浮かべられるのと同じように、自分の性格は誰よりも
自分がよく分かっているもの。
これわりと一般常識。

え、一般でいいよね?
常識…んー、まぁ、人生で一番付き合い長いのは自分自身なんだし、
ゆるーく常識の範囲ということで。

この心的動作は、必ずしも「そのままの自分でいいんだ」という
自己暗示ではありません。顔はさすがに難しいけれど、誰しも、
今の自分から違う場所へ向かおうという意思を持って、よくも悪しくも
中身を変えて、力を、魅力を伸ばしていくエネルギーが備わっている。
それを誰よりも信じられるのもまた、自分自身。
誰かと比べるわけではない、誰かに認められるためのものでもない、
あくまで鏡の前に座るように自分自身と向き合って
己が魂をひたすら磨く、長い長い人生の修行のようなもの。
どうも当たり前すぎるせいか、あまりに常識の範囲が曖昧なためか、
常日頃意識していないと驚くほどこの日々の営みを忘れがちですが。

で、翻って私はと言えば、基本チャランポランタンで三日坊主の凡庸な性格よ。
若い頃はホント何事も長続きしなくて、覚悟が足りなくてダメでした。
あまつさえ、どんなに何某のマイブームにガッツリ入れ込んでいても、
頭のどこかでは「これもいずれ醒めるんだろうな…」などと妙に割り
切ってしまっている自分が同居しているくらい、いろんな意味で
一か所にじっとしていられないタイプでした
(あれ、これは三日坊主とは言わないか。まぁいいか!)

でもここ数年、「あれ、もしかして私やればできる子?」とちょっとは
自画自賛してもいいかと思える程度には、少しずつ自己改造の成功体験を
積みつつあります。
すべての転機は、”虚無”
から湯守を引き継いでから。
(その役割を負う人がそれまでいなかったので、前任者は虚無さん)
ほんの一週間くらい頑張るつもりが、あれよあれよといううちに
10年近く湯守やってますから。三日坊主の汚名返上はここから始まったと
言っても過言ではありません。途中足をくじいたり、貯湯槽に「堕」ちて
えらい目に遭ったり、「あ、ちょっとしんどい」と正直弱気になったり、
経験値が上昇するにつれ心の中では様々思うところもありましたが、
ほんの小さなきっかけから1歩1歩変わっていく自分を感じる日々は、
言葉以上の感動と充実感に満ち満ちていました。現在進行形。
「おおおオラ生きてるぜーーー!!」みたいな。
どこかの孫〇空みたいに"今"をワクワクする感じ、みたいな。

とはいえ、基本的に強い”縛り”を課さなければモチベーションが
上がらない&
維持できない人なので、何かやらかすときはハイリスク
ハイリターンを覚悟の上で有言実行を踏んでから、と決めています。

”縛り”…
宿儺さんいいこと言った。まごうことなき呪いの王。好き。
伊達に千年生きてない。

ある程度自分のことを好きであること、信じる気持ちが
エネルギー源として必要ですが、一度やるぞって周囲に公言してから
事始める。これ、意外と効果絶大です。
自分だけで完結し、とりあえず無理せず褒めて伸ばそう~とする
パターンだと、笑っちゃうほど自分に甘えて挫折するからダメ。

個人的な直近の実例はジョギングです。
本当は、よっぽどジョギングを取り入れた生活サイクルに慣れてから
SNSにでも上げようかとひそかに考えていましたが、走りつつ見遣る
早朝のスカイバレーがあまりにも美しく、開始後1週間を待たずして
とっとと公開処刑(爆)してしまった。
もちろん後悔しましたとも。いいですとも。Wコウカイ。
こりゃもう何が何でも続けないかんやないかーい!って。

かつて自分を少しも好きになれなかった過去を切り捨てることなく、
少しずつ確実にさよならしていけるように。
明日…一月後…1年後……
鏡に映す自分の姿を今以上に好きでいたいと思う、願いと決意を胸に。
今日も鏡を覗き込んで叫ぶのだ。心の中で「一日一生」を。

そして私はまた一つ、新たなる無謀な挑戦に挑むのであった。。。
(何を始めたかはまだ内緒です(ケヒッ)。)



今日の1曲

 "Let Me Love You (feat. Justin Bieber)

DJ Snake "ENCORE" (2016)


↑PVようつべリンク

あのレディ・ガガの"Born This Way"をプロデュースした
一人であり、様々なアーティストとの共演で数々のヒット曲を
飛ばすDJスネイクのアルバムから。
今日のテーマにドンピシャ!ということでLet Me Love Youを
チョイスしました。自分自身に向けたエール、と捉えて良いわよ。
今を時めくジャスティン・ビーバーの若々しい歌声がグー。


コラム内検索