若女将コラム

日々西屋と山を縦横無尽に駆け巡る湯守兼若女将のかなりマイペースなコラムです。
内容はすっ飛んでいます(というかほぼ西屋に関係ない話題ばかり)。ぜひ楽しんで下さいませ。

米沢のいいところあれこれ 【第5回:豆いち】

 毎週更新のコラム(3日坊主とは言わせません(笑))、
シリーズ5回目の今日は西屋スタッフにもファンが多い、コーヒー&器セレクトショップ
「豆いち」さんをご紹介いたします。




上杉神社から東に伸びる参道から大沼デパートへ向かう通りにあるお店です。
廃屋だった建物をおしゃれにリフォームし、まちなかギャラリーにもなっている
素敵な入り口が目印。






店内には、ガラス瓶に納められたたくさんの種類のコーヒー豆!
注文後その場で豆を挽いてもらえますが、自宅で豆を挽く道具も
各種扱っているので、豆のまま買っても好きな時に挽きたてを
楽しめるのもうれしい。

そして紅茶、ココアと、




自分用に使ってもプレゼントに贈ってもきっと嬉しい
素敵な陶器&木製の器・小物がいっぱい。
手作り感あふれる器は、どれも見ていて飽きません。
和食はもちろん、洋食やコーヒーに湯呑!でもしっくり馴染みます。






もちろんニャンパラリンもありますとも!!
底がニャンコの顔になっているユニークなマグ(写真)は、私も
日頃事務所でコーヒーを飲む際に愛用しています。
有田焼でとてもしっかりした作り。
職人さんの真心が伝わってくるようです。




他にも、お茶受け・コーヒーブレイクのお供にぴったりの
ケーキやチョコ、一風変わったコーヒーのジャム(!!)や
おつまみにもなる珍しいナッツ類も売っています。
(殻付マカダミアナッツは西屋社長が大好き!!)
パウンドケーキも美味!日もちするので贈答用にもグーです。






ところで店内の壁やコーナーには、古き良き米沢の写真や大正モダンな
たっつけ(もんぺのようなもの)袴姿の絵葉書が大きく飾られています。
かつて米沢の観光PRにも一役買っていた昔の絵葉書を
趣味と実益を兼ねて店主自ら丹念に集め、復刻・販売もされています。
今も街中に残る建物や当時の貴重な景色、ちょっと懐かしい映画ポスター、
ショッピング以外でも楽しめる工夫がお店のあちこちに凝らされています。




試飲用のコーヒーを自ら淹れる、店主の石塚さん。
数年前にお勤めを退職、一から手作りでこの素敵なセレクトショップを
築き上げてこられました。
石塚さんは県内でも数えるほどしかいない「コーヒーマイスター」の資格を
お持ちです。お客さんの好みや気分に合わせてお薦めのコーヒーをセレクト
して下さったり、淹れ方をアドバイスして下さったり、
とにかくコーヒーのことなら彼にお任せ!

実は彼は西屋社長の高校の同級生&音楽仲間でもあり、
地元のビッグバンドを率いるリーダーもされています(ご本人はサックス奏者)。
店内で流れている心地よいジャズBGMは石塚さんのセレクト。
レコードの枚数の多さに圧倒されます(笑)
趣味の音楽だけでなく、上記のとおり地元の歴史にも造詣の深い、
米沢愛にあふれる方です。




この日頂いたのは、「神楽月」という11月限定のブレンドコーヒー。
右の「豆チョコ」は、ほんのりコーヒーの香りがするミニチョコです。
瓶入りやギフト用などさまざまなバリエーションで売られています。
(写真の器は実際にお店で売っています。コーディネートの参考に!)

最後に私のオススメ。
本当はオススメがたくさんあって迷うところですが…



クワドラティーニというオーストリアのウエハース。
これがくせになる美味しさ。
海の向こうのお菓子にしてはあまり甘すぎず、本当に食べやすい。
個人的にココナッツが好きであります。

ぜひ皆さんも一度豆いちさんに足を運んでみてください。
きっとコーヒーとジャズが好きになりますよ。


【お店の場所】
豆いち
〒992-0039
山形県米沢市門東町2-1-7
TEL:0238-27-1151(イイコーヒー)
10:00~19:00(定休日:火曜日)

コラム内検索