若女将コラム

日々西屋と山を縦横無尽に駆け巡る湯守兼若女将の、マイペースなコラムです。好きなものは音楽・写真・自然・宇宙。

若女将コラム

好きな音楽のこと ~エレクトロニック系~

2017.08.08

音のある生活 2 Saltillo



毎日暑いですねー。
台風は来るし、梅雨が明けた割に湿気が多く、さっぱりしない天気が続いております。
なかなかじっくり音楽を聴く暇がないまま走り回っておりますが、
皆さんお元気でお過ごしですか?



前回のコラムでは中世の宗教音楽やヴェルディのオペラ、
伊福部さんやバルトークなどなど、紹介したくてもしきれなかった
名作曲家さんが沢山いて(あれだけアルバムを紹介したにもかかわらず)
個人的にかなり消化不良でした。


一発目が守備範囲の広すぎるクラシックだったせいもありますが、これ明白。
ジャンルごとにダラダラ書くと絶対に一発で終わらないし書ききれません(汗)
特に好きなアーティストが集中している
エレクトロニック⇔アンビエント⇔エクスペリメンタル
この辺の境界線がイマイチよく分からないので、
思いつくままに1枚(あるいは1アーティスト)ずつ紹介していこう~と思います。
当然ジャンルはランダムになるので、Apple Musicを参考にしながら
コラムカテゴリで振り分けていきます。ご参考までに。







今日はアメリカのSaltilloをご紹介。


Saltillo 「Ascension 」


アメリカのイラストレーター兼ミュージシャン、本名メントン・j・マシューズ3世が
今年5月にリリースしたばかりのアルバム(4作目?)。
日本ではまだ殆ど知られていないアーティストです。私も最近知りました。
彼の出身地であるミシシッピ州にSaltilloという街が実際あり、多分これが元ネタかと思います。
しかし肝心の発音が分かりません(笑)どなたか教えて下さい(笑)


メントン氏は長年イラストやアメコミの作家(つまり漫画家)としてキャリアを
積んでいましたが、タトゥー師もしていたり、弦楽器各種からギターから
ピアノまで弾きこなし、果てはアルバムまで出してしまうという星野源さんのような多才の持ち主。
しかしその風貌はまるで晩年のトルストイかリーランド・スカラー(米国のベーシスト)…
まだ40代そこそこなのにスキンヘッドに長い髭という衝撃的なルックスで、
見た目極めて年齢不詳です。
その道を極めると人は(見た目も)仙人になりたくなるのだろうか。
本業がイラストレーターだけあって、1stアルバム以外はすべて彼自身が
描いたもののようです。どのアルバムのジャケットもダークオーラ全開ですが、
上記アルバムの黒い人物とカラスのモチーフはなかなかお気に入りのようで、
最近よく描いています(詳細はInstagramで)。
曲調もイラストよろしく全体的に暗め。時に激しく、メロディック。
その独特のスタイルや志向は、同じくアメリカのゴシックファンタジー作家:
ジョゼフ・ヴァーゴを彷彿とさせます。ジョゼフ氏もNox Arcanaという
音楽ユニット名で何枚もアルバムを出しており、ゴシック好きさんにはたまらない
オーラを放っています(Nox Arcanaは国内でもネット販売していて手に入りやすい。
もしかしたらこっちの方が有名かも)が、ジョゼフがBGM的なサウンドなのに対し、
Saltilloはより踏み込んだ音楽性を持っているといえます。


曲中そこかしこで聞こえる弦楽器の妖しげな旋律。その道を極めたわけではないので、
彼の弾くバイオリンやチェロの音色は決して超絶技巧ではありません。
どちらかというとヘタウマ(失礼)。にもかかわらず重みのあるリズムや楽器使い、
意味深い歌詞やセリフなど、底知れない才能を感じます。


どのアルバムもインストが多く、歌詞のある曲は少なめです。
2ndアルバム「Monocyte」のIf Wishes were Catholicsでは、
メントンの奥さんが歌っています。ややエフェクトがかかっていますが、
愁いのある歌声がとても好みです。聴きごたえがあります。
また最新アルバムのfloodではリチャード・ウォルターがボーカルで参加していおり、
歌詞の意味含めさらに方向性が明確になっています。


「本来あるべき世界(自分自身)へ、これまで疑問すら抱かず、
小さく埋もれていた場所から洪水のように打ち壊し、どうか導いてくれ」



英語力がなければ英国分解にもうわしくないのでこの意訳はかなりテキトーですが…
アルバムのタイトルにふさわしい内容。
彼の音楽は不思議と印象に残るのです。何かが心の琴線に触れる。

因みにどの曲もiTunes Storeで購入可能です。レビューはまだ無(!!)。