若女将コラム

日々西屋と山を縦横無尽に駆け巡る湯守兼若女将の、マイペースなコラムです。好きなものは音楽・写真・自然・宇宙。

米沢のいい所あれこれ 【第15回:油屋米穀店&ジューンベリー】


6月も半ば、皆様いかがお過ごしですか。

先日12日開催された源泉祭ですが、今年は仕事の都合で
とうとう行くことができませんでした。

代わりといってはなんですが、山に行くたび三十三観音やお薬師様に
そっと手を合わせています。
忙しくはあるものの、振り返れば何事も変わりなく過ごせる平和な日々。
実はそれこそが一番幸せなんだと言い聞かせています。
気付いた時でいい、感謝これ大事。



さて、「米沢いい所あれこれ」シリーズです。

日本人(と多くのアジア人)の主食といえば米。
そして庭に咲くかわいい花々。



今日は、西屋お客様用のお米&我が家用のお米を仕入れている
油屋米穀店 兼 ジューンベリーさんのご紹介です。



油屋さんは上杉神社の真東、参道と県道2号(白布街道)が交差する
一等地にお店を構えています。場所は一目瞭然。
こちらのお店では、ご主人が何代も続くお米屋さん、
奥さんがお花屋さんを営んでいます。





通りに面したお店の角には現在美しいバラが咲き乱れていて、
まるでおとぎ話のワンシーンのよう。









花だけでなく装飾もとても可愛らしく、
本体がお米屋さんだということを忘れてしまいそうです。





店内はお花に交じってフラワーポットやガラスの小物入れがずらり。
不思議に和の空間にも合いそうなセンスのいいものが置かれていて、
どこに何の花を飾ろうかと思いを巡らせながら眺めているだけで、
あっというまに時間が過ぎてしまいます。





憧れるー…。
白布は非常に日照時間の少ない山間なので、こんな陽だまりの空間はなかなか
作れません(メリットなのは日焼けしないことぐらい)。
ああ自分の家もこんなふうに花と緑で覆いたいものよ。。



他にも、白布人にありがたいプリザードフラワー↑や、



↑流行りのハーバリウム、




お付き合いのあるというお店から工芸品の蔓カゴも置かれています。







一方のお米のコーナーはお店の奥側にあります。



ここ油屋さんの特徴は、産地と生産者の見えるプレミアムつや姫が買えること。



他にも地元米沢のコシヒカリやはえぬきもあり、
予算に応じて購入可能です。特売!!安い!!!
もちろん地方発送も可能ですので、旅行途中の方も安心ですよ。

西屋ではいつもここでつや姫を仕入れています。
はるばる白布まで配達してくださるので助かります。

また我が家では、つや姫玄米をお店の専用精米機で一分搗
(玄米の表皮をほんの少し削ぐ程度)に特別に精米してもらい、
一袋ずつ購入しています。
5kgで約2300円とかなり割高ではありますが、
これが実に香り高く美味しい。白米が物足りなく感じてしまうほど。
色は玄米と同じですが、炊飯は普通炊きでOK。
程よく柔らかく炊きあがり、それでいて玄米と同等の栄養価を
得ることができるので、子育ての身には有り難いばかりです。
好みもあるかと思いますが、偏食防止のためにも大変おススメです。
外食の値段に比べたら、決して高い買い物ではありません。






最初にも述べましたが、こちらのお店はもともと米穀専門店でした。
現在花屋のオーナーで、その知識と経験を生かし出張ガーデニング講座も
手掛ける奥さんですが、驚いたことに、
嫁ぎがけの頃は特に花に興味があったわけではないそうです。
以前お店を改装した時に「庭先が寂しいから何かお花でも飾ろうか」と
庭の手入れを始めたところからスタートしたのだそう。

それが今ではお店全体の2/3を占める文字通り華やかなお店に
なっているわけですから、素晴らしい“花物語”です。



笑顔の素敵なご家族に会える油屋さん&ジューンベリーさんに、
皆さんもぜひ足を運んでみて下さいね。

【場所】
あぶらや ジューンベリー(Facebookページ)
〒992-0039
山形県米沢市門東町2-8-28
TEL:0238-23-1653
営業時間 9:30~18:00
定休日 日曜日
駐車場 お店の脇から入って約10台分のスペースがあります。