若女将コラム

日々西屋と山を縦横無尽に駆け巡る湯守兼若女将の、マイペースなコラムです。好きなものは音楽・写真・自然・宇宙。

若女将コラム

2018年02月

2018.02.19

閑話休題 ~ほろ苦いチャイコフスキー。~



久々の閑話休題。

今朝、ロビーに連れてきた猫達の写真を撮っていて
なぜか独身時代の通学・通勤ラッシュを思い出しました(元都内在住)。



(通勤ラッシュ時の扉付近(イメージ)。)


(夜の女性専用車両(イメージ)。)
(京王線ではしょっちゅうお世話になりました。)

あの頃は若かった。

最近、懐かしのス〇ッフサー〇スのCMをやたら見かけます。
なぜ今頃リニューアル放映?と単純に疑問に思いググってみたところ、
実は去年がCM20周年だったそうで。
なるほど納得。

しかし正直なところ、私にはあまりいい印象が持てません。
だって、あの頃はまるで明るい時代じゃなかったんだもの。

忘れもしない就職超氷河期ど真ん中。
大学の卒業式で(私はオーケストラサークルに所属していたので、
式典の楽曲演奏のため在学生のころから卒業式に毎年参加していました)、
華やかな袴でなくリクルートスーツで参列し、
「これから面接だよ…
もしこれでだめなら新卒派遣に登録してとりあえず形だけでも働く」と
切なげに語っていた先輩、卒業後も在学生と一緒に何社も回る友人を
目の当たりにしてきました。
かくいう私も就活の波に乗り遅れ、最終的に院進学を選んだ一人ですが…。

当時は「とりあえず就職できれば勝ち」みたいな風潮で、
自分たちはただの使い捨ての駒。
社会は世知辛いというイメージしかありませんでした。
一見手取りはいいけれど先々の保証がまったく見えない「派遣社員」は
まさにその“使い捨て”の象徴(少なくとも私にはそうとしか思えなかった)。

ところが今は立場がまるで逆転し、むしろ“売り手市場”だと聞いています。
働く人と職場とのミスマッチから互いに適材適所を求めてフレキシブルに
社会に順応していこうという時代と言われています。
同じCMでも伝えんとする意味や背景がまるで違う。

あの針の筵のような日々は何だったのだろう。
今でも冷遇を刷り込みされたまま辛酸なめている同世代がいるかもしれないと思うと、
何ともやりきれなくなります。

そうさ弦楽セレナーデ。
それまでエレジー含め大好きな曲だったのに、CM放送後はすっかりトラウマになり
「何がコンスタンチンだバカヤロー!!!」
とか心の中で叫びながらCDを売り飛ばしたのはほろ苦い思い出です(苦笑)。

ごめんねチャイコフスキー。


(今日は定時(チェックアウト時間)より早く家に帰れたよ!!)

2018.02.17

音のある生活 7 「まだ見ぬ心の日本巡り②」




先日、久しぶりに上杉雪灯篭まつりを見に行ってみました。
なんと11年ぶり。








武将隊の大集結、竹あかり、そして会場にずらりと並んだ出店の賑わい…!
普段こういった行事が開催される休日や祝日はまず外出できないので、
会場の撮影記録はもとよりいい家族サービスができたと思います。
(子供たちはバギー乗車体験で大はしゃぎ。)





さて、今回のコラムは「まだ見ぬ心の日本巡り②」ということで、
前々回の続きとなります。

幻想的な雪景色、あたたかい昼下がり、息をのむような美しい夜空…
四季折々変化に富んだ日本の自然風景とそこに暮らす人々の思い…
なぜか心が満たされる瞬間、ありますよね。
音楽という心の目を通して世の中を覗いてみると、日常の中に違う世界が
垣間見えたりします。そんな素敵な音楽を今日もご紹介していきたいと思います。

1.haruka nakamura「Twilight」


haruka nakamura"Twilight"(2010)…リンクは彼のHPのbiography

2010青森出身の作曲家:Haruka Nakamuraさんの1枚。
自身の故郷を描いたアルバム3部作のひとつ。
作風はどこか甘酸っぱく、ノスタルジックな雰囲気。
のどかな田舎の風景を切り取ったかのようなゆったりとした調べは
とても親しみやすく、大好きな一枚です。
Twilightでとりわけ好きなのは「夕べの祈り」と「ベランダにて」
「音楽のある風景」。1曲目「夕べの祈り」では、サックスが
船の汽笛を思わせる音をどこか寂しくも温かく響かせています。
このアルバムを聴いていると、夕闇せまる海辺の小さな街
(都会ではないどこか)をドライブしているような気分になります。
ぽつんぽつんと家々からもれる灯りをふと眺め、
「この家に住んでいるのはどんな人かな、今頃は家族で夕餉を囲んでいるのかな…」
なんて思い浮かべてみたり。

前回のコラムでもお話ししましたが、独身の頃の私は一人旅が大好きで、
暇さえあればあちこち車や電車で出かけておりました。
それも宿泊せず日帰りコースばかりだったので、帰りがけはいつも夕暮れ。
帰りの道すがらの何とも言えない寂しさと家に帰る安心感、
知らない町や家々の前を通り過ぎながら、なぜか人恋しくなった複雑な思いが蘇ります。
今となっては一人旅の機会はほぼありませんが、
場所や人や時代を問わず、“還りたくなる”瞬間が心のどこかにいつもあると、
時々気付かされます。

話が脱線しました。
最近は坂本美雨さんとの共演も多いnakamuraさん。
ふと自分を振り返りたくなった時、オススメのアルバムです。


2.巨勢典子「季節風」


巨勢典子"季節風"(2017)

20年以上の活動歴を誇るベテラン音楽家兼ピアニスト:
巨勢典子さんの新しいアルバム。
haruka nakamura氏のアルバムが夕暮れなら、彼女のこのアルバムは
ひたすら明るく透き通るような青空イメージです。
全曲ピアノソロで、そよ風のように優しい旋律が耳に心地いい。
さらに素晴らしいのは各曲のタイトル。「日々是好日」「特別ないちにち」
「この思い風に乗せて」…タイトルを読むだけで沈んだ気持ちも明るくなれそうです。
手紙を書いたり好きな本を読んだりしている時のBGMにもいいですよ。

巨勢さんは他にも複数アルバムをリリースしていますが、
「この道の向こうに」はソロやアンサンブルの瑞々しい旋律
(とか言いながら初見時ジャケットの林がなぜか緑生い茂った小河墓遺跡に見えた私)、
「I miss you」はコロコロとしたオルゴールのようなピアノ音の優しい曲がメインで、
どれも心癒されるアルバムです。

落ち込んだ時、ぜひ彼女のアルバムを聴いてみて下さい。

小河墓遺跡…“楼蘭の美女”と言われる約3800年前のミイラが発見された
新疆ウイグル自治区の共同墓地跡。
NHKスペシャル「シルクロード」(最近のほう)でも紹介されました。

↑「この道の向こうに」
↓小河墓遺跡(拾い画)


実際並べてみるとまるで似てない上
お互いかすりもしないジャンル(しかも墓標は枯れた木材)なのに
何故空目してしまうのかは謎。


3.久石 譲「銀河鉄道の夜」


久石譲"銀河鉄道の夜"(1996)

言わずと知れた日本の作曲界の大御所、久石譲さんのコンセプトアルバム。
高校生に入って最初に貰ったお小遣いで買ったので、
初めて聴いたときの感動を今でもよく覚えています。
満天の夜空を見上げながら思わず深呼吸したくなるメインタイトル、
冬の夜を思わせる北十字などなど、さすが情景描写が秀逸。
曲のどこかで聴き覚えのあるニュアンスが入るのは久石さんならではです。
原作や原作の絵本を片手に、一緒にジョバンニとイーハトーブ
(岩手県各地に残る賢治の原風景!!)を旅したくなります。



番外.細野晴臣「銀河鉄道の夜~Nocto de la Garaksia Fervojo」


細野晴臣"NOCTO DE LA GARAKSIA FERVOJO"(1996)

1985年に製作されたアニメーション映画「銀河鉄道の夜」のサントラ版。
同タイトルの映像作品の金字塔ともいえる名作です。
ジョルジョ・デ・キリコやマーティン・レーマンの絵本を思わせる
異空間的な美術背景のインパクトもさることながら、細野晴臣さんが
「産みの苦しみ」を覚えつつ生み出した幻想的な音楽は、
未完だった原作を見事に広大無限な世界へ昇華させ、
30年以上たった今も色褪せない鮮やかさを保ち続けています。
アマゾンのレビューの高さも驚異的。
久石版銀河鉄道の夜と全くタイプが異なるアルバムですが、聴きごたえは十分です。

日本巡りというより、文字通り宇宙巡りといった感じ。こちらも超オススメ。


いかがでしたか。
次回はいい所あれこれシリーズの続き(あれ、何回目だっけ!??)です。

2018.02.03

米沢のいい所あれこれ 【第12回:鷹山堂(米織小紋)】 



1月31日は約3年ぶりの「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」でしたね。
直訳すると“超蒼い血の月”…なぜか厨二崩れの必殺技みたいなダサさに(笑)。

珍しい皆既月食、皆さんご覧になれましたか?

白布温泉は、30日も2月1日も煌々と月明かりを拝める晴天だったというのに
なぜかその晩だけ雪でした。なんてこった!!
しかも私は30日が皆既月食だと勘違いし、いつまで経っても月が欠けないことに
首をかしげながらかれこれ1時間近く凍えながら写真を虚しく撮っていました。
なんてこった!!
1日なんかは本当にきれいな月夜でしたから、
勿体ないので街灯を消して再び写真を撮りました。


(↑1月30日撮影。)


(↑2月1日撮影。)

いつ見上げてもお月様は神秘的な星ですね…。




さて、相変わらず前置きが長くなりました。
今日のいい所シリーズ12回目は、かねてよりご紹介したいと思っていたお店!!

西屋売店でもニャン手柄米織小紋でお馴染の「鷹山堂(ようざんどう)」さんです!

もともと上杉神社のお堀端に直営店がありましたが、
平成28年7月、工房の近くである小野川街道沿いに移転オープン。
オーナーさんが自らリフォームを加えた店舗内にはカフェコーナーも
併設されており、遠路お越しになるお客様にも大変評判とのこと。
今回ようやく訪問がかないました。



白布温泉から小野川温泉経由で車で約20分ほど。大きな看板が目印です。




一目で品の良さがうかがえる入口。

中に入ると…向かって右側、奥行きのあるフロアに米織小紋販売コーナー。





柄も種類も色とりどりの米織小紋商品が盛り沢山!!
カウンターを挟んで反対側にあるカフェからは、
コーヒーのほのかな香りも心地よく漂ってきています。

鷹山堂さんの米織小紋は、古来小紋に用いられてきた伝統的な16柄のほか、
意匠をこらした限定柄が折々登場。
伝統と独創性に富んだこれらの柄を用いて、さまざまな小物が揃っています。





16種類の柄が一度に分かる洒落たコーナー。
こうして見ると、同じ形でも色柄によって雰囲気が随分と違ってくるのが
一目でわかりますね。材質は綿100%のジャガード織。
ふっくらと弾力がありながらやわらかい手触りの生地で、性別を問わない
デザインは見ているだけでも飽きません。
そして実際の商品はどれも実用的なものばかりで、バッグの中の小物からポーチ、
ストールに至るまで自由に選ぶことができます。





こちらは山形ならではのさくらんぼの柄。
同じ柄でアイテムを統一するのもいいかもしれません。





こちらは今年の干支「戌」をあしらったグッズ。
わんこ好きにはたまりません!!色味も派手でないので普段使いによさそう。




また、こちらは米織小紋のロゴマークをモチーフにした渋い藍色のシリーズ。
男性が持っていてもかっこいい!







バッグ・ポーチ・巾着のタイプはとにかく沢山種類があります。
大きめのトートは見た目以上に頑丈。遠目にもおしゃれです。




このがまぐちポシェットは大きさもデザインもバッチリ。
私もいつか欲しいと思っています。




他にもボックスティッシュケースや、




端切れを利用したものでしょうか。かわいいくるみボタンまでありました。
写真には載っていませんが、米織小紋のくるみボタンをワンポイントに
あしらった可愛いヘアゴムもあるんですよ。




アパレル用にあるストールは、幅が2種類(24cm、45cm)あります。





もうこの柄の素敵さ。伝統的な小紋柄なのに、ぜんぜん古さを感じさせません。
こちらは男性にもぜひ身につけて頂きたいですね。
モノトーンの服や白いYシャツに合わせたらめちゃめちゃカッコいいと思います!!

ちなみに私は24cm幅の麻の葉柄のサマーストールを持っています。
とても使い勝手がよく、実は着物を着た時の帯揚げにすることもあります。





↑先日上杉伯爵邸で行われた伝統食材フェアで実際に合わせたコーディネート。
薄い帯枕なら24㎝幅でも包めます。




もちろんストールとしても。夏向けですが冬場でもいけます。

和といい洋といい、あんまりセンスある組み合わせでなくてごめんなさい(汗)

ふっくらした織なのでしわになりにくく、
ひとつあるだけでシンプルな服が本当に映えますよ。




ところでこちら。
Weave of Edenと名付けられたシリーズのストール&ショールは、
米織小紋の進化系ともいえる高品質な逸品です。
先染の天然繊維をジャガード織にしたもので、
繊細な質感と驚くほど豊かな柄が展開されされています。

千鳥格子に、ヒョウ柄に、迷彩柄に…なんてモダンでおしゃれ!!
種類が多くてとても1枚の写真には収まりきりません。

鷹山堂さんはYahoo!ショッピングやAmazonにショップをお持ちですので、
大概の米織小紋はネット上で買い求めることができますが、
今のところこちらのシリーズはオンラインでの扱いはないようです。
ぜひお店で実物をご覧になってください。本当に素敵なストールばかりです。





さてさてお次はカフェコーナーです。うふふ。
これがまた楽しみでありました(笑)

鷹山堂さんは何がすごいって、敷地内に自家焙煎専用の建屋があり、
そこで焙煎したコーヒーを提供
されているんです。

しかも全てハンドドリップ。ホットはネルフィルターも選べるという、
本業並みの徹底したこだわりよう。それはもう凄い、見習いたいの一言に尽きます…。




オリジナルブレンドであるコーヒー豆は深煎りの「欅(けやき)」と
浅煎りの「楓(かえで)」の2種。店内で直接買い求めることもできます。

では改めてお邪魔します!

米織の作家としても国際的に幅広く活躍されているオーナー
(株式会社織元山口 代表取締役)山口英夫さんのセンスが光るカフェの中は、
まるで海外のインテリアショップのように居心地がよく、気持ちがなごみます。

※実際の作品(織元山口さんのHPから)




面白いことに、奥↑は比較的黒を基調とした大人の雰囲気で、
米織小紋を張ったファブリックボードやモノトーンの
かっこいいパネルが絵画のように目を引きます。




一方窓側になる手前↑は白がベースになっていて、明るい空間が広がっています。
こちらは家族や友達と気軽に座りたい印象。

同じフロアなのに異なる雰囲気が楽しめるのも
こちらのカフェの魅力です。





そして一角には、ジャガード織のタペストリー型カレンダーまで!!
この写実的な花柄は、PHOTOTEXという特許技術でプリントされた
もので、とても布地とは思えない緻密な折りを間近に楽しむことができます。

どこまで奥が深いの米織すごい…と感心しつつ、
この日頂いたコーヒーは「欅」でした。深煎りですが重くなく、
ブラックで美味しく頂きました。添えてあった一口チョコがにゃんとも嬉しい!

コーヒーの他、鷹山堂さんの目玉として「ワッフル」があります。
このワッフル、もちろん自家製の焼き立て。


ドヤァ。強烈なインパクトを放つ「わっふるぜんざい」。

やばい。
絶対美味しいに違いない。
気になって仕方がない。

し、し、しかしこの日はもう一つのイチオシであるオンザワッフルをチョイスして
しまいました。次回、子供たちを連れて伺ったときに頂きたいと思います!!!



オンザワッフルはトッピングも自家製!!
この日は置賜リンゴのコンポートが乗ったタイプを選びました。




ご覧くださいもう。焼きたてです。
素晴らしくいい香りです。
焼き立てのふわっふわです。
写真では伝わりませんが;;;
めちゃめちゃ美味でした。

言葉足らずでごめんなさい。これ以上表現できない(笑)
すてきな米織小紋の作品をながめ、美味しいコーヒーと共に頂くワッフル…
至福のひと時が楽しめます。



いかがでしたか?
鷹山堂さん。本当に素敵なお店ですよ。
ぜひ皆さんもお近くにいらした際はお店にお出かけ下さい。
きっとお気に入りの米織小紋が見つかるはずです。

最後になりましたが、この日は突然お邪魔したにもかかわらず、
笑顔でお迎え下さったスタッフの皆さん、そして山口さん、
本当にありがとうございました。


西屋でも米織小紋はいくつか置かせて頂いており、
先述のニャン手柄米織小紋↑は西屋オリジナルとして
特別に織って頂いているものです(ニャン手は西屋でしか手に入りません!)。
ニャン手柄もよろしくね~。

【お店の場所】
鷹山堂(有限会社フォトテックス)
〒992-0077
山形県米沢市赤芝町1754
TEL:0238-33-9467 FAX:0238-32-2365
営業時間 9:00~17:00(定休日:火曜日)
※ラストオーダーは16:30
※お店の前に駐車場有。