お風呂ご案内

西吾妻から湧き出る源泉を滝のように豪快に浴びられる「湯滝」が当旅館の自慢です。
概要と湯滝風呂、家族風呂について案内しています。

湯量豊富な白布温泉のシンボル、湯滝風呂

西屋の湯滝風呂は今から約300年前、江戸時代中期に吾妻山麓の御影石を切り出して造られました。
今なお当時の原形を保ったまま、流れ落ちる温泉を受け続けています。
ご宿泊でのご利用のほか、日帰り入浴でもご利用可能です。
豪快な湯滝の音と素朴な石造りのお風呂が醸す古き良き湯の癒しに、どうぞごゆっくりお寛ぎ下さい。

湯滝風呂(1F大浴場)

屈指の湯量を誇る白布温泉の象徴でもある豪快な湯滝、かつての湯治場そのままの簡素な洗い場、温泉の流れる渡り廊下など、他所にはない独特のスタイルを持つ総ヒバ材のお風呂です。

温泉成分によってすっかり黒変した浴槽は、江戸時代中期、職人さんが大きな御影石を切り出して建造したもの。以来300 年近くも現役でお客様を癒し続けています。

※シャワーやカランのないお風呂です。
ご不便をおかけしますが、湯船から桶でお湯を汲んでご利用下さい。

かつての湯治場そのままの洗い場と、大きな御影石から切り出された湯船

屈指の湯量を誇る豪快な湯滝をお楽しみいただけます。

湯治場に続き、総ヒバ材で作られた脱衣室

湯滝風呂入口の、足下を掛け流しの温泉が流れる渡り廊下

家族風呂(2F浴室)

空いていれば予約不要でご利用頂ける、内鍵式の貸切風呂です ご宿泊の方のみご利用可能で、滝の音に敏感なお子様や混浴を楽しみたい方のため
の静かなお風呂です。
このお風呂はお客様の好みに温度調節して頂けるよう、基本的に加水していません。必ずご入浴前に湯温を確認してからお入り下さい。

内鍵式の貸し切り風呂。少人数・ご家族でゆっくりお楽しみいただけます。

 

西屋の湯守

700 年以上の長きに渡り、絶え間なく流れ落ちる豊かな温泉が訪れるお客様を圧倒する白布の湯。その量は毎分約1500l も及び、山形県に数多ある温泉地の中でもベスト5 に入るほどです。
西屋の温泉の流れと温度管理は、現在の若女将がほぼ一人で行っています。季節変動による温度変化や温泉量を注意深く見極めながら、いつでも気持ちよくご入浴いただけるよう心がけております。

西屋に流れ込む温泉の温泉量や温度管理をする若女将

お客様がいつでも気持ちよくご入浴いただけるよう、手作業で調整します。