西屋について

創業は江戸時代まで遡る歴史ある旅館です。
吾妻山の豊かな自然と、滾滾と湧き出る温泉に、童心が誘われます。

若女将からのご挨拶

当館HP をご覧頂き、誠にありがとうございます。

「湯滝の宿」の名の通り、西屋は江戸時代からその姿を留める豪快な湯滝風呂を中心(シンボル)とし、現代急速に失われつつある古き良き日本のおもむきを大切に守り続けている山の古宿です。
かつてこの国のどこにでもあったゆるく懐かしい生活の息遣いが、館内やお部屋のそこかしこに残されています。

西屋は、そんな“和の異空間”を体験して頂くお宿なのです。

たっぷりの温泉で心ゆくまで身体をあたため、ゆったりお寛ぎ頂くことはもちろん、雄大な自然の恵みとそこに寄り添う人の手の温もりを存分に体感し、楽しんでいただければ幸いです。

旅先の一期一会がいつまでも笑顔になって集う宿でありたいと願いつつ、西屋は今日も静かに歴史を刻み続けています。

どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

西屋旅館    
若女将 遠藤央子